人気ブログランキング |

よくあるお問い合わせ

Q. まだ4歳ですが習えますか。
A. 4歳でピアノをスタートできるかどうかは、個人レッスンにおける集中力、指がどの位しっかりしているか、また数を数えられるか、平仮名、片仮名をどの位読めるかにもよります。さらに親御さんのご協力を頂く事も大切です。4歳でもお試しレッスンにお申し込み頂けますので、どうぞお越しください。

Q. 発表会はありますか。
A. 基本的に年に一度、発表会を企画しております。人前で演奏するというのは大変良い経験になり、目標を持って曲を仕上げることで様々な収穫があります。演奏の後には生徒、保護者の方々、お客様にも自由に参加頂ける親睦会を催しており、保護者の方々にもご協力頂きながら、手作りのアットホームなコンサートを作っています。

Q. ピアノが家にありませんが、どうすればよいですか。
A. ピアノを習うには、日々練習するための鍵盤楽器が必要となります。タッチの面などから、アプライトピアノ、グランドピアノ等“生の”楽器で練習することがベストです。
ただ住居環境などから難しい場合も考えられます。その場合は電子ピアノか消音機能付アプライトという選択肢があります。電子ピアノは音量調節が出来るため、ご近所への心配がなく調律も不要。消音機能付アプライトは、電子ピアノに比べ料金の差はありますが、アプライトと同じ“生の”楽器のタッチで、ヘッドホンを利用して音を消して弾くことが出来ます。
当レッスン室では、それぞれの特徴を理解され、生活スタイルに合ったものを選んで頂けるよう、また楽器店とも提携し、レンタルやご購入などについてご相談に応じています。

Q. 毎週通えないんですが、習えますか。
A. 小中学生のお子様には定期的なレッスンをお勧めしますが、大人の方で毎週通えない方にも習っていただけるよう応援しております。勉学、お仕事、家事、育児など事情は人それぞれ。月1回からのレッスンも歓迎です。当レッスン室は夜22時まで音出しが可能ですので、ご都合のいい日時をご相談ください。

Q. Probe お試しレッスン後、レッスンをスタートするかどうかすぐに返事しなければいけませんか。
A. 後日でも構いませんので、お知らせくださいますようお願い致します。(1週間以内)

Q. 子どもが小さいのですが、レッスンに保護者は同伴するべきですか。
A. ドイツの子どもは、未就学児でも一人の方がレッスンに集中できるという場合が多いですが、お母さんが見てくれることで張り切れるお子様や、逆に甘えてしまう子どももいて、それぞれのタイプによります。小学生以上になると、できるだけ自分の言葉で講師とコミュニケーションを取っていくことも大切です。必要に応じて、一人一人に合った方法でのレッスンをご提案いたします。
当レッスン室は便利な立地(徒歩圏内に銀行、郵便局、スーパー、ドラッグストア、各種専門店、医院など)にあるため、レッスン中にお買い物に行かれる保護者の方も多いです。

Q. 他の先生に習っているが、本番が近いので一度だけレッスンしてもらえますか。
A. させていただきます。音楽の解釈方法はさまざま、どれが正しいと決めるよりも、視点を変えることで、弾きやすくなったり深い理解につながる可能性もあります。長く取り組んだ曲こそ、違う意見を得ることで新たな発見ができるでしょう。レッスン時間・料金などについて、ご相談ください。

Q. どんな生徒さんがいるのですか。
A.年齢は4歳~50代の方まで、日本、ドイツ、ドイツで育った他の国々、ハーフの子どもや大人の方など、様々な生徒さんがいます。
幼稚園児、小中学生、高校生、学校教師、保育士、サラリーマンから時には音大受験生まで幅広く、それぞれの目標を持って楽しみながら学んでいます。

ご質問は、メールでお気軽にお問い合わせください。

pianokammer@gmail.com

by Pianokammer | 2012-06-12 16:12 | よくあるお問い合わせ